ノロウイルス 嘔吐 回数

ノロウイルスの嘔吐の回数

スポンサーリンク

ノロウイルスの嘔吐の回数
 腹痛といっても、いろいろな原因がありますが、今回は胃腸炎について考えていきます。そして、胃腸炎と一言でいっても、胃腸炎の症状というのは様々な症状があるのです。
 その胃腸炎の症状の中でも、主な症状は嘔吐、腹痛、下痢、発熱などがあります。
 このような胃腸炎の症状についてですが、胃腸炎の原因がウイルス性の胃腸炎の場合も、細菌性の胃腸炎の場合も、胃腸炎のほとんどのケースで似たような症状が出るといわれています。

 

 胃腸炎の数多くある症状の中で、嘔吐について書いていきます。
 また、冬に流行するノロウイルスに感染するケースについても書いていきたいと思います。
 ノロウイルスに感染すると吐き気の症状が発生します。当然、個人差もありますが、激しい嘔吐の症状が繰り返し発生します。
 嘔吐の症状の大まかな回数は1日に5回から6回程度だといわれています。
 しかし、当然のことながら、嘔吐の回数には個人差があります。嘔吐の症状がひどい方であれば、1日の嘔吐の回数が10回を超えるという方もいるようです。
 また、大人よりも子供の方が嘔吐をする回数は多いようです。

 

スポンサーリンク

大人よりも子供の方が嘔吐をする回数が多い原因は免疫力や体力が大人と比較すると、まだまだ未成熟だということが理由だといわれています。
 胃腸炎の症状は吐き気、下痢に加えて、発熱が起こります。それゆえ、脱水症状を引き起こしてしまう可能性もるのです。
 そのため、胃腸炎の対処法として、水分補給をすることは重要な対処法になります。そして、水分と一言でいっても、可能でしたらスポーツドリンクのように吸収しやすい飲料が好ましいといわれています。
 しかし、水分補給の対処法として、スポーツドリンクを摂取することが吐き気を起こす原因になることもありえるともいわれています。
 特に、10回を超えて嘔吐を繰り返している場合には、脱水症状を警戒することは大変重要なことです。
 このように10回を超えて嘔吐を繰り返すようなケースであれば、もはや経口摂取での水分摂取は困難であるともいえます。このような場合は、早急に医療機関で医師の診察を受けましょう。
 その理由として、医療機関であれば、点滴を利用することで水分と栄養を補給することができるからです。
 また、近くに医師がいるということは大きな安心感があります。素人では判断のできない症状が発生しても、何らかの対処ができるからです。
 急性胃腸炎は命に関わる可能性がある病気だといわれています。症状によっては、医療機関を利用することがおすすめです。軽度の症状であっても、念のため医師の診察を受けるにこしたことはないでしょう。
 点滴による水分補給はとても大切なことです。水分だけでなく栄養分も摂取することができるのです。
 点滴を受けた場合には、症状が急激に改善することもあるようです。
 特に、子供の場合にはウイルス性胃腸炎の症状が重度になることが多いといわれています。そのため、ウイルス性胃腸炎で吐き気の症状があるときは躊躇せずに医療機関を利用するようにした方が安全でしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

ノロウイルスでも症状の軽い人がいる原因【大人や子供】
腹痛や下痢や吐き気の原因や症状や治し方あれこれです。
ノロウイルスの潜伏期間
腹痛や下痢や吐き気の原因や症状や治し方あれこれです。