ノロウイルス 潜伏期間

ノロウイルスの潜伏期間

スポンサーリンク

 今回はノロウイルスの潜伏期間についてです。
 毎年、冬の季節になると流行する病気がいくつかあります。
 代表的なものは風邪やインフルエンザですね。他にも、マイナーですが、胃腸炎ですね。風邪やインフルエンザであれば、誰もが感染したことがあるでしょう。
 今回は、これらの中でも、胃腸炎について書いていきたいと思います。胃腸炎の症状といえば、腹痛に関連するものが多いですね。
 胃腸炎の中でも冬に感染する胃腸炎は、ウイルス性胃腸炎と呼ばれているものが多いようです。
 このウイルス性胃腸炎というのは、名前のとおり、ウイルスが原因なのですが、原因となるウイルスはいくつかあります。
 ウイルス性胃腸炎の中でも、感染者のほとんどの方はノロウイルスというウイルスに感染します。
 ノロウイルスというウイルスの潜伏期間は大体が、1日から2日程度の潜伏期間といわれています。
 また、ノロウイルスの発症までですと、発症が早い方であれば、十数時間でノロウイルスの症状が現れる方もいます。
 寒い環境でも、ノロウイルスは生きることができますし、活動もできるのです。

スポンサーリンク

 また、ノロウイルスは細菌と違って、乾燥した状態でも活動ができるという特徴があります。
 そのような特徴の影響か、ノロウイルスは集団感染することがとても多い感染症だといわれています。
 ノロウイルスは他の病気の症状と似ていることが原因なのか、病気の原因がノロウイルスであることを発見することが、遅れてしまうこともあります。
 風邪やインフルエンザの症状である嘔吐、腹痛、下痢、発熱などとノロウイルスの症状は同じ部分があります。
 また、ノロウイルス感染者の触れたものや唾液などにもノロウイルスが付いてしまいます。これらのノロウイルスに触れることで、ノロウイルス感染者が増加するということがあります。ですから、ノロウイルス対策として、手洗い、消毒、うがいを行うことが重要になってくるわけなのです。
 ノロウイルスは学校、会社のような集団行動をするところや電車という交通機関では、ノロウイルスの感染リスクはとても危険なものになります。
 そのため、ノロウイルスの予防対策は十分気をつけるようにすることが重要です。
 例えば、家族や身近な方について、胃腸炎が治ったといっていたとします。それでも、ウイルスは1か月は体内に残っている可能性があります。ですから、しばらくの間は警戒するようにすることが重要です。
 またウイルス性胃腸炎に対しては、体に免疫ができます。そのため、ウイルス性胃腸炎に1度感染すると、同じ時期に同じウイルス性胃腸炎に感染することはほぼないだろうといわれています。
 また、何回もウイルス性胃腸炎の感染を繰り返すことで、ウイルス性胃腸炎の症状も軽くなることも確認されているといわれているのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

ノロウイルスでも症状の軽い人がいる原因【大人や子供】
腹痛や下痢や吐き気の原因や症状や治し方あれこれです。
ノロウイルスの嘔吐の回数
腹痛や下痢や吐き気の原因や症状や治し方あれこれです。