ノロウイルス 症状の軽い人 原因 大人 子供

ノロウイルスでも症状の軽い人がいる原因【大人や子供】

スポンサーリンク

今回はノロウイルスでも症状の軽い人がいる原因についてです。
 冬ももうおわってしまいそうですが、冬場に多い胃腸炎はウイルス性胃腸炎だといわれています。
 ウイルス性胃腸炎は例年のように流行しています。ウイルう性胃腸炎の流行を防ぐため手洗い、うがいをしている病院もあるのではないでしょうか。インフルエンザなどのように、できれば警戒をしたい病気だとは思います。
 ウイルス性胃腸炎の原因として、ノロウイルスというウイルスを聞いたことがあると思います。
 胃腸炎というのはお腹の風邪と呼ばれることもあります。しかし、胃腸炎の症状というものはお腹の風邪といわれているように名前ほどかわいいものではないのです。
 ウイルス性胃腸炎を過去に経験したことのある人は、ウイルス性胃腸炎の苦しみがわかると思います。胃腸炎の症状である腹痛、嘔吐、吐き気、発熱、下痢の苦しみは、ウイルス性胃腸炎を経験したことのある方にしか、決して理解できないものがあるでしょう。
 さらに、ウイルス性胃腸炎の症状はものすごく苦しい上に、ウイルス性胃腸炎の苦しい症状が何日も続いてしまうので、患者にとっては厳しい病気です。
 そのような大変なノロウイルスの症状についてですが、どういうわけかノロウイルスに感染してもノロウイルスの症状が軽い人がいるようです。
 どうして、ノロウイルスの症状で大変長い間苦しむ人もいれば、あまり苦しまない人もいるのでしょうか??その原因について、考えてみましょう。
 ウイルスというものは感染すると抗体を作る性質があります。

スポンサーリンク

 抗体を作る性質とは、体がウイルスの形を覚えることによって、ウイルスの形が同じ形であれば、どのようにウイルスを退治すればいいのか覚える機能を示します。
 人間は同じウイルスに2回目以降に感染したときには、この抗体を自然に利用することで、すぐに完治したりすることがあります。仮に、すぐに完治しなくても、ウイルスによる症状が重くならないということもあるようです。
 そのため、例えばノロウイルスであれば、1回目の感染で苦労をした方であったとしても、2回目のノロウイルスの感染、3回目のノロウイルスの感染と感染の数を重ねるとともに、個人差はありますが、ノロウイルスの症状が軽くなる傾向があるようです。
 ノロウイルスの3回目の感染ともなると、もしかしたら日常生活に支障が出ていないという方もいるのかもしれません。
 これらのことは一見非常にいいことのように見えますが、ノロウイルスの自覚症状がないということは、周囲にノロウイルスをうつしてしまうことによって、集団感染を引き起こす原因となる可能性もあります。
 例えば、「少しお腹が痛いなと感じたので、病院で診察してもらったら、ノロウイルスに感染していると診察を受けて非常にびっくりした」という人もいるようですから、自分がウイルスの保菌者であることを認識せずに、普通に生活してしまうことで、周りの人間にノロウイルスの感染を拡大させてしまうということはあり得る話だといえます。
 ノロウイルスの症状が軽い人がいる理由については、以上のように体の中で抗体ができることで、ノロウイルスに感染しても、ノロウイルスの症状がひどくならないということが原因となっているのです。幼児よりも大人の方が感染した回数が多いでしょうから、子供よりも大人の方がこの点からも、ノロウイルスの症状が軽い人もいるのでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

ノロウイルスの潜伏期間
腹痛や下痢や吐き気の原因や症状や治し方あれこれです。
ノロウイルスの嘔吐の回数
腹痛や下痢や吐き気の原因や症状や治し方あれこれです。