ストレス性胃腸炎 ロキソニン 効果

ストレス性胃腸炎にロキソニンの与える意外な効果の正体とは!?

スポンサーリンク

 今回はストレス性胃腸炎にロキソニンの効果についてです。
 胃腸炎といえば、食中毒や冬場に多く見られる胃腸炎が有名だと思います。
 食中毒など急性胃腸炎と呼ばれています。急性胃腸炎の原因となるのは細菌やウイルスということになります。ですから、急性胃腸炎のことを細菌性急性胃腸炎やウイルス性急性胃腸炎のような呼び方をすることがあります。
 急性胃腸炎の症状は、数時間前まで普通の状態だったのに、急に嘔吐、下痢、発熱などの症状を起こすというものです。文字どおり急に胃腸が悪くなるから、急性胃腸炎と呼ばれているのでしょうか。
 細菌性急性胃腸炎やウイルス性急性胃腸炎のどちらも症状としては、ほとんど共通していることが挙げられます。
 今回は胃腸炎の原因が細菌やウイルスといった感染が原因による胃腸炎ではなく、精神的なストレス部分が大きい胃腸炎であるストレス性胃腸炎について、書いていこうかなと考えています。
 ストレス性胃腸炎の原因としては、ストレス胃腸炎の文字どおり、ストレスが原因によって、症状が引き起こされるものです。
 このストレスというものは、体に色々と深刻な症状を引き起こします。その中でも、胃腸に関しては、特に目だった症状を引き起こしてしまうのです。
 胃痛や、腹痛、胸焼けなどの症状が起こりますが、他の症状もいろいろ発生します。
 今回は、この急性胃腸炎の症状について、ロキソニンがどのような効果があるかについて、書いていこうと考えています。
 ストレス性胃腸炎というのは、日常的に胃腸に違和感を感じるものです。ストレス性胃腸炎の中でも、急激にストレスを感じたりすると、一気に痛みが発生することもあるようです。
 このようなストレス性胃腸炎で痛いときに、鎮痛剤として効果の高いロキソニンは非常に強い効果をもたらすと言われています。
 ストレス性胃腸炎が原因の痛みの症状が治まって、一日を乗り切ることができるようになる方が多いようです。

スポンサーリンク

 しかし、このロキソニンの高い効果が落とし穴となる場合もあります。
 ストレス性胃腸炎とロキソニンとはいろいろな面で相性がいいといわれています。
 ストレス性胃腸炎の痛みを緩和させるために、ロキソニンを服用することで、ストレス性胃腸炎の症状はおさまります。しかし、ストレス性胃腸炎の症状がおさまるのは一時的なものです。ですから、ロキソニンの効果がきれた後に、再びストレスを感じるとストレス性胃腸炎の痛みを感じることになるのです。
 そして、再びロキソニンを利用するというサイクルに陥るため、ロキソニンに依存してしまうことになります。
 また、ロキソニンは本来であれば、空腹時には服用を避ける薬です。しかし、ロキソニンは気軽に購入できるくすりであり、すぐに服用できます。だから、胃痛・腹痛を感じると、すぐにロキソニンを服用するということになりがちなのです。
 このようにロキソニンを多用することで、胃腸にダメージを与えてしまい、胃や腸の粘膜が荒れてしまいます。
 また、胃潰瘍の原因にもなります。胃の痛みを抑えるためにロキソニンを服用しているのに、逆に胃の患部を痛めつけるという悪循環に陥ってしまうのです。
 さらに、ロキソニンを常用することで、潰瘍がよりできやすくなる体質になってしまうのです。
 ロキソニンは確かに便利な薬です。しかし、便利だからといって、ロキソニンになるべく依存せず、ロキソニンの使用を控えるようにしていくことが重要なことなのです。
 また、ストレス性胃腸炎の原因であるストレスを減らす必要があります。そのためには、趣味でもなんでもストレスを発散させると方法を持つ必要があるでしょう。
 ストレス性胃腸炎の元凶であるストレスを絶たなければ、いつまでもストレス性胃腸炎に苦しむことになる可能性があるからです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

ストレスが原因による腹痛や下痢や吐き気の症状
腹痛や下痢や吐き気の原因や症状や治し方あれこれです。
ストレス性胃腸炎とタバコの影響の意外な関係とは!?
腹痛や下痢や吐き気の原因や症状や治し方あれこれです。