ストレス性胃腸炎 タバコ 影響 関係

ストレス性胃腸炎とタバコの影響の意外な関係とは!?

スポンサーリンク

 今回はストレス性胃腸炎とタバコの影響の意外な関係についてです。
 胃腸炎と一言で言っても、胃腸炎にはさまざまなことが原因で発生します。
 胃腸炎は細菌やウイルスが原因になるものもあります。また、ストレスなど精神的なことが原因で生じる胃腸炎ということもあるでしょう。
 また、胃腸炎には体質も関係しています。ですから、ちょっとしたことで、胃腸炎になってしまうという体質の方もいるといわれています。
 他にも、アルコールが原因の胃腸炎もあります。胃腸炎の原因というものは数多くあるのです。
 今回は、そんな数ある胃腸炎の中でも、ストレス性胃腸炎とタバコの関係について書いていきたいと考えています。
 ストレス性胃腸炎とは、文字どおりストレスが原因によって引き起こされる胃腸炎のことをいいます。
 ストレスをたかがストレスというように安易に考えることは厳禁です。
 ストレスが原因である胃腸炎というものは、慢性化することが多いといわれています。そして、胃腸炎がポリープや癌化する原因になることもあるような胃腸炎だといわれているのです。
 では、ストレス性胃腸炎とタバコの関係はどのようなものなのでしょうか?
 その関係を解き明かすためにはタバコを吸っている方どうしてタバコを吸うのかについて、考えてみましょう。
 たばこを吸う理由を喫煙者に尋ねると、ストレス解消のためと答える方が数多くいるといわれています。
 また、この理由と同じように、精神的に落ち着くために煙草を吸うという人もいます。

スポンサーリンク

 いずれにしろ、これらの回答から煙草を吸う理由は精神状態を落ち着いた状態に戻すために喫煙をするということが分かります。
 しかし、このタバコを吸うということは胃腸に悪影響を与えるということは、あまり考えられていません。
 喫煙といえば、喉や肺に悪いというイメージかもしれません。しかし、実はタバコを吸うことは胃腸の粘膜に異常を生じさせる原因となるのです。
 その理由は、喫煙によって、胃腸の血管が収縮してしまうからです。その結果、胃腸の機能が低下するのです。
 また、タバコを吸うことは胃腸に潰瘍やポリープをつくる原因にもなっています。
 この理由は自律神経の乱れという理由もあります。しかし、喫煙によって潰瘍などができると、再発を起こしやすいということがいわれています。
 タバコは体にとって悪影響をあたえるものでしかありません。
 タバコによってストレスが落ち着くというお話もあります。しかし、実はタバコを吸っている人よりも、吸わない人の方が、気分がが落ち着いていることが多いということもいわれています。
 実際のところ、禁煙をされた方ですと、タバコをやめた方が精神状態が落ち着いているという話をする方は多いようです。
 また、喫煙によって胃酸多加という傾向にあります。この胃酸が通常の状態に戻るといわれています。
 このように、精神を落ち着かせるというタバコを吸うことが、逆に体や精神に悪影響を与えることになっているのです。
 以上の理由から、喫煙は控えましょう。できれば、禁煙をするようにしましょう。
 禁煙をすることで、ストレス性胃腸炎の症状が回復をしていく方も多いといわれています。
 もちろん、ストレス性胃腸炎の原因となるストレスを解消するということも正しい治療法です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

ストレスが原因による腹痛や下痢や吐き気の症状
腹痛や下痢や吐き気の原因や症状や治し方あれこれです。
ストレス性胃腸炎にロキソニンの与える意外な効果の正体とは!?
腹痛や下痢や吐き気の原因や症状や治し方あれこれです。