腹痛 原因 お腹が痛い 場所

腹痛の原因をお腹が痛い場所からチェック

スポンサーリンク

今回は腹痛の原因をお腹が痛い場所からチェックしようというものです。
 急にお腹が痛くなるなどといった経験をしたことは誰もがあると思います。
 すぐに腹痛の症状が治ってしまうものもあります。また、腹痛の症状がしばらく続いたり、腹痛以外の病気が隠れていることもあったりといろいろな症状があります。
 ただ、単純にお腹が痛いといっても、お腹には沢山の内蔵が存在しています。ですから、簡単に腹痛の原因を突き止めることは医者でも難しいものです。
 ましてや、関連痛の症状のように痛みの発生源とは別の場所が痛くなるということもあります。
 しかし、ただ単にお腹が痛いではなく、お腹のどの部分が痛いのかが分かれば、腹痛の原因部分に近づきやすくなります。また、痛い部分がどのように痛いのかまでを分かるようになれば、腹痛の原因を把握する精度がより高くなります。
 基本的に、腹痛が発生した場合はほとんどが内臓痛と呼ばれるものだと言われています。
 内臓痛はその名のとおり内蔵が何らかの原因で、痛みを発生させていることをいいます。
 これらの症状をある程度自分でチェックすることができれば、対処が可能な場合もあります。また、医師の診断が早くなることもあります。だから、これらの原因や症状を覚えおくと便利です。

スポンサーリンク

 腹痛の原因を場所でチェックする方法についてです。まずは、「みぞおち辺り」に痛みを感じている場合です。
 心窩部と呼ばれる部分で、胃、十二指腸、胆嚢などの疾患の可能性が高いと言われています。また、心臓も近く心筋梗塞などでもここの痛みを感じる人がいます。
 次に、右の上の方が痛む場合です。
 ここは、沈黙の臓器とも呼ばれる肝臓や胆嚢や十二指腸などがあります。
 胆石や胆嚢炎や十二指腸潰瘍や尿管結石や肝炎などが原因の場合、この辺りに痛みを感じると言われています。
 逆の左上の方ですが、ここも胃や膵臓などの病気の可能性があります。
 おへその辺りが痛むという場合は、胃の出口辺りや十二指腸だけでなく小腸や大腸も近くなります。
 胃潰瘍、胃炎以外にも腸閉塞や腹部大動脈瘤などを生じている可能性もあります。
 脇腹の方が痛む場合は、大腸、小腸、腎臓などが原因と思われます。左の方の場合は虚血性腸炎、腎盂腎炎の可能性もあります。
 下っ腹の方が痛む場合は、大腸、小腸に加えて尿管、膀胱なども加わります。
 もちろん、以上にあげただけではなく、いろいろな病気の可能性があります。また、女性の場合は子宮や卵巣なども関わってきますので、より注意が必要ですので、できることなら専門医の診察を受けましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加