腹痛 下痢 吐き気 原因 症状 治し方

腹水がたまる 余命 卵巣がん 大腸がん記事一覧

 末期がんになると腹水がたまる症状が現れ、お腹が水膨れの状態になります。末期がんで腹水がたまる時の余命は1ヶ月から3ヶ月程度ですので、腹水による痛みを取り除いて患者さんを楽にさせてあげることが最善の治療法になります。末期がんになると腹水がたまる原因は、がん細胞が増殖することによって内臓ががん性炎症を起こすことによるものです。がん性炎症になると内臓から水分が漏れ出し、漏れ出した水分が腹腔にたまって内...

 女性特有の臓器の一つに卵巣があります。卵巣は卵子が作られる非常に大切な臓器でもあります。この卵巣のがんの事を卵巣がんと言います。卵巣ががんに侵された場合には、妊娠することが出来ない場合もありますし、他の部位に転移する可能性もありますので、早期発見・早期治療が必要となります。卵巣がんには様々なタイプがあります。そのタイプにより症状が異なる場合があります。比較的進行スピードが速いタイプの場合には、見...

 大腸がんの終末期の症状のひとつとして、腹水が挙げられます。そもそも腹水とは、内臓を包んでいる腹膜と内臓の隙間となる腹腔に、異常に水がたまる状態のことです。正常時には、腹腔の中には20ml〜50ml程度の水がたまっているのですが、大腸がんをはじめとする癌の末期になると、腹水が過剰にたまるようになります。 大腸がんがステージ4まで進行すると、がん細胞は全身に転移しています。ステージ0の初期のがんであ...