腹痛 下痢 吐き気 原因 症状 治し方

腹水穿刺 手技 副作用 合併症 リスク アルブミン記事一覧

腹水穿刺と腹腔穿刺という言葉を聞いたことがあっても、両者の違いがわかっていないという方もいるかもしれません。意味は一緒と勘違いしている方もいますが、実は両者の間には、治療目的か検査目的かという明確な違いが存在しています。腹腔穿刺が検査目的で行われるのに対し、腹水穿刺の場合には、治療と検査の両方を目的として行われます。目的が違うことで、同じような手技を行うとしても、注意する点は異なります。腹水穿刺の...

 腹水穿刺は、腹水を検査したり抜いて腹水を除去するときに使用する方法です。腹部の皮下脂肪に針を突き刺して腹水を採取することで、その腹水がどこから引き起こされているのかを分析することができます。また、溜まってしまった腹水を抜くときにも腹水穿刺を使用します。 あくまで、腹水穿刺という方法を使うにあたっては緊急時のみとなることを留意します。腹水が少量であれば、無理にこの方法をとる必要はありません。人間の...

肝硬変が慢性化すると門脈の中に血液が溜まって門脈の内圧が高くなったり、血液中のアルブミンが減少したりすることがあります。すると、血管から漏れ出てきた水分が腹腔内に溜まってしまう腹水という現象が起こるようになります。腹水が大量に溜まると腹部膨満感や吐き気、食欲不振などの症状が現れるようになります。また、腹水によって肺が圧迫されるようになると呼吸困難を起こすこともあります。肝硬変を治療すれば腹水は自然...

 腹水穿刺はお腹の中に溜まった水を針を刺して抜くという治療のことです。通常、腹水が溜まった場合には利尿剤やアルブミンを投与して腹水を減らす治療を行っていくのですが、それでも溜まってしまうことがあります。溜まった腹水はお腹が膨らんで膨満感を感じたり胃が圧迫されるので食欲不振や吐き気、肺が圧迫されて息苦しさや呼吸がしにくくなるという症状が現れてしまいます。ちょっとした行動もままならなくなってしまうため...

 病気など何らかの原因で体外に水分を上手く排出できなくなると、体の内側の腹部に水分が溜まるようになりそれを腹水と呼びます。癌の末期症状などでも起きやすく、闘病で長期的に腹水が溜まるようになると体内に余分な水分や老廃物が溜まるようになるので腹水穿刺を行って腹水を体外に排出させる治療が行われます。腹水穿刺は、お腹に注射器を直接刺して徐々に溜まった水分やその他老廃物を取り除いていくというものです。皮膚か...

 腹水が溜まった時、段階に応じて治療方法が決まっています。腹水が溜まる理由によっても治療方法は異なりますが、一般的には最初に利尿剤が処方されます。腹膜に水が溜まるとおしっこの量が減るので、余計腹水の量が増えてしまいます。腹水を減らすために利尿剤を投与し、尿として水分を出すアプローチが第一の選択肢になります。ただ、利尿剤でもあまり効果が出なくなると、次の対策を考えなくてはなりません。腹水治療では腹水...