腹痛 下痢 吐き気 原因 症状 治し方

子宮 腹水 原因 癌性腹水とは 胃がん 症状 末期がん 余命 癌性腹膜炎記事一覧

腹水とは、腹壁に囲まれた腹腔という空間に溜まる水分のことです。健康な人でも多少の水は溜まっているのですが、通常は腹膜に覆われているので問題はありません。そんな腹水は漏出性のものと浸出性のものの2つに分類することが出来ます。前者は血液の成分が薄まって腹腔に漏れ出したものです。これは腎臓病や心臓病の際に多く見られます。一方後者は、腹腔内で炎症が起きているか腫瘍が出来ている証で、血液の成分が浸み出したも...

癌は日本国内での死因第1位であり、年間30万人以上の人が亡くなっています。現代の医療では初期の癌では完治させることができるようになってきていますが、進行癌では未だ完治させることは難しい状態です。癌になると進行していくにつれて様々な症状があらわれます。癌性腹水もそのひとつになります。癌性腹水とは一体何なのか、見ていきましょう。腹水とは、腹腔内(胃や肝臓などの臓器と腹膜の間の隙間)に溜まる水のことです...

気を付けていかないといけない病気の一つに「胃がん」があり、これは大人・高齢者の方に発症する事が多く日頃から注意していかないといけない病気となっています。「胃がん」は中高年層の間で多いとされてきている病気でありますが、最近では20代や30代の若者にも発症するリスクがあると言われているため、専門家達が警鐘を鳴らしてきています。ちなみに「胃がん」の初期症状については、胃また胸がもたれるような感覚・みぞお...

 がんになると内臓や血液、リンパなどがん細胞が増殖して正常な機能がきなくなります。しかし、ある程度の段階であればお薬や放射線に反応してがんの進行を止めたり遅らせたりできます。さらに切除してがんに侵されている部位を取り除くことで治療ができます。しかし、がんがかなり進行して全身に転移し取り除くことが難しい場合やお薬や放射線では対応しきれない程のがん細胞が増殖している状態もあります。このような状態を末期...

 癌性腹膜炎とは、癌が腹腔内に転移して散らばり、腹膜が炎症を起こしている状態です。腹腔というのは胃や肝臓や卵巣などの臓器と臓器の間の空間のことで、腹膜とは胃や肝臓などの臓器を包む半透明の膜のことです。胃や肝臓などに発生した癌が腹腔内に散らばるように転移することを、腹膜播種と言い、腹膜播種が起こって癌性腹膜炎となったり、原発癌の手術の時に癌を突き破ってしまい、癌細胞が腹腔内に散らばって癌性腹膜炎とな...