腹痛 下痢 吐き気 原因 症状 治し方

腹水 症状 痛み 肝硬変 腹水とは 肝性腹水とは記事一覧

食の欧米化や不規則な生活、ストレス、運動不足、アルコールの過剰摂取など日頃の生活習慣が原因となって生活習慣病を発症する人が年々増え続けています。生活習慣病と言われる病気にはガンや心疾患、脳疾患、肝臓疾患、高血圧、脂質異常症、糖尿病、痛風、メタボリックシンドロームなど様々ありますが、これらの疾患の中から女性よりも男性に多く見られる肝臓疾患について詳しく見ていきます。肝臓疾患は脂肪肝、肝炎、肝硬変、肝...

肝臓の状態が徐々に悪化していけば、肝硬変になる可能性があります。様々な症状がでることが分かっていますので、早い段階で対応しなければいけません。つらい症状の一つに腹水があります。お腹に水がたまり、日常生活に支障をきたす状態になっているはずです。腹水とは、病状を判断するための基準になることもあり、水がたまっているかどうか調べてもらうとよいです。少し水がたまっているだけならば、安静にして利尿剤などを使え...

 肝臓には3000億個以上の肝細胞があります。そのため肝細胞の一部が機能しなくなっても他の肝細胞が補って働く機能も持っています。従って肝細胞の一部に障害があってもなかなか症状が現れず病気の早期発見が妨げられてしまいます。その結果、肝臓は沈黙の臓器といわれるのです。このように肝臓は再生能力が高く、炎症を起しても肝細胞が壊れても自分で修復できますがその力が一生発揮するものではありません。従って修復能力...

肝性腹水とは肝硬変によって引き起こされる症状の1つです。そもそも肝硬変とは、読んで字の如く肝臓の組織がカチカチに硬くなって正常に機能しなくなってしまう病気です。肝性腹水とはその時に起きるものであり、腹腔と呼ばれる腹部にある空洞部分に水が溜まっている状態を指します。肝硬変になると主に腹水・食道静脈瘤・肝性脳炎の3つの症状が現れます。肝性腹水とは肝硬変で見られる最もメジャーな症状であると同時に、肝硬変...