腹痛 下痢 吐き気 原因 症状 治し方

腹水がたまる 症状 婦人科 原因 女性 病気 腹水がたまるとどうなる記事一覧

腹水とは、体液が腹腔内に異常に溜まった状態をいいます。腹腔は、横隔膜より下部にある部分を指しますが、通常病気が無くても数十ミリリットルほどは腹水が存在しています。お腹の中で腸が動く際の潤滑油のような働きを行い、一定量の水を保っています。腹水はさまざまな病気が原因で起こりますが、長期的な病気の人に起こる傾向があります。最も多いのが肝硬変だといわれていますが、胃がん、肝がん、大腸がん、酔眼などのがんで...

腹水とはお腹の中に水が溜まることですが、正確には腹膜腔に貯留する水分のことです。胃や肝臓、卵巣などの内臓は腹膜という半透明の膜に包まれており、腹膜は背中にもくっつき袋のように広がっています。その膜の中の空間を腹膜腔と呼び、そこに水が貯留します。健康な人にも腹水は少量存在し、腹膜から少しずつ水分が漏れ出して、腹膜へ再び吸収されるサイクルを繰り返し、常に一定量を保っています。腸の動きを滑らかにする潤滑...

 お腹が張る原因の一つとして腹水というものがあります。腹水がたまる原因は様々あり、病気が理由であったり、女性ならではなこともあります。まず考えられる病気としては、アルコール性の肝硬変や肝炎といったものがあります。これは、大量のアルコールにより肝臓の処理能力が異変してしまうことで起こるもので、血液が体液を保てなくなったり、体液に関するホルモンが正常に働かなくなることで、腹水がたまってしまいます。腹水...

 腹水とは何らかの疾患により、胃や腸などを包む腹腔に水がたまった状態のことを言います。腹腔とは体内の横隔膜より下にある腹部の内腔を指します。そこに腹水がたまることにより、おなかが張っているような感覚になります。腹水がたまるのは大きな病気のサインかもしれません。末期の癌や心臓疾患、肝硬変などで見られる症状です。また婦人科系の病気が原因で腹水がたまる症状が現れることがあります。婦人科系の病気の場合では...

 腹水は横隔膜下側の体の隙間に水がたまる現象で、健康な状態でも腹水はたまっています。とはいっても20〜50ml程度でお腹が腫れるような量ではなく、内臓どうしが摩擦しないように必要な量がたまっています。腹水がたまる病気というと重篤な疾患のイメージがあります。しかし、腹水自体は病気ではなく基礎疾患が原因となって2次的に引き起こされるものです。この疾患で有名なものに肝硬変や末期ガンがあります。どちらも予...

腹水がたまるとどうなるかを書いていく前に、腹水とはなにかについて書くと腹水はさまざまな病気によってお腹の中に水のような液体がたまる症状のことを指します。 ですので、腹水がたまるとどうなるかというと単に腹水がたまるというだけで起きる症状としては、お腹の張りがあるということやむくみ、体重増加などが認められていますがそれ単体ではそこまで危険な状態というわけでもありません。 ただあまりに腹水がひどくなった...