卵巣がん 腹水 余命

卵巣がんにおける腹水と余命の関係について

スポンサーリンク

 女性特有の臓器の一つに卵巣があります。
卵巣は卵子が作られる非常に大切な臓器でもあります。
この卵巣のがんの事を卵巣がんと言います。
卵巣ががんに侵された場合には、妊娠することが出来ない場合もありますし、他の部位に転移する可能性もありますので、早期発見・早期治療が必要となります。
卵巣がんには様々なタイプがあります。
そのタイプにより症状が異なる場合があります。
比較的進行スピードが速いタイプの場合には、見つかった時には既に悪化していることもあります。
がんの症状の一つとして、腹水があります。
この腹水は症状が末期の時に見られることが多いことから、余命が短いというイメージがあります。
しかし、卵巣がんの腹水の場合には、必ずしも余命が短いというわけではない可能性があります。
しかし、余命に関係なく、適切な治療を受けるということが必要となります。
また、早期発見・早期治療をするためにも大切なポイントがいくつかあります。

スポンサーリンク

 

卵巣は、体の外側から見ることは出来ない臓器です。
普段の生活の中ではその存在を意識するということもない人が多いでしょう。
そのため、異常に気が付きにくいと言えます。
そこで、異常を早期に見つけるためには、定期的な検診を受けるということが大切になります。
定期的に検診を受けることで、初期のがん細胞を見つけることが出来る可能性が高まりますし、安心感があります。
健診については、自身で機会を見つけて受けるという方法や市町村で行われる健診に参加するという方法もあります。
腹水は、お腹の中の空間に水が溜まる病気です。
お腹のハリや膨らみ、体調不良、食欲不振などの症状が見られることがあります。
初期段階では自覚症状が無いことも多いため、見逃してしまいがちですが、体調不良が続くという場合には、そのまま放置せずに医療機関を受診するようにしましょう。
何も異常がなければ、安心して日々を過ごすことが出来ますし、異常が見られた場合には早期治療につながります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

末期がんによって腹水がたまる時の余命と治療法
腹痛や下痢や吐き気の原因や症状や治し方あれこれです。
大腸がんの終末期の症状である腹水と余命について
腹痛や下痢や吐き気の原因や症状や治し方あれこれです。