腹水が溜まると 症状

腹水が溜まるとどのような症状が現れるか

スポンサーリンク

人間の内臓は腹膜という膜に覆われていますが、その内側には腹腔という空間があります。
腹腔には通常時でも20〜50ミリリットルの水がありますが、何らかの理由で腹腔に大量の水が溜まってしまう状態を腹水貯留といいます。
腹水貯留はその原因によって非炎症性腹水と炎症性腹水の2つに分けられます。
非炎症性腹水とは肝硬変やうっ血性心不全、ネフローゼ症候群などの病気を発症することで血管から漏出液が溢れ出し、腹水として腹腔内に溜まる状態のことです。
漏出液はタンパク質の量が少なく、凝固しにくいという特性があります。
これらの病気を発症するとなぜ漏出液が溢れ出るのかというとアルブミン不足や門脈圧の上昇、腎臓での水分の排出低下などが起こるからです。
炎症性腹水とは細菌性腹膜炎や癌などが原因で内臓が炎症を起こし、その結果血管から溢れ出した浸出液が腹水として腹腔内に溜まる状態のことです。
滲出液は漏出液と違ってタンパク質が多く、凝固しやすいという特性があります。

スポンサーリンク

 

腹水が溜まっても少量ならほとんど自覚症状が現れることはありません。
しかし、大量の腹水が溜まるとお腹が膨らんでくるので衣服がきつくなりますし、溜まった腹水の分体重が増加します。
また、大量の腹水が溜まると腹部の膨満感を感じるようになりますし、胃が圧迫されるので吐き気や食欲不振などの症状が現れるようになります。
また、大量の腹水が溜まると肺が圧迫されて息切れなどの症状が現れることもあります。
さらに大量の腹水が溜まると体の冷えや倦怠感、全身のむくみ、栄養不良などの症状が現れて全身の状態が悪化することがあります。
腹水の治療は塩分制限をしながら安静にしていることが基本ですが、利尿剤やアルブミンの静脈注射などによって体内の水分量を調整することもあります。
また、大量の腹水が溜まっている場合は腹水穿刺によって腹水を吸引することもあります。
腹水穿刺を行えば一時的に症状を緩和することができますが、原因となる病気を根本的に治療しないと再び腹水が溜まるようになります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加