女性 腹水 原因

女性の腹水の原因とは

スポンサーリンク

 お腹が張る原因の一つとして腹水というものがあります。
腹水がたまる原因は様々あり、病気が理由であったり、女性ならではなこともあります。
まず考えられる病気としては、アルコール性の肝硬変や肝炎といったものがあります。
これは、大量のアルコールにより肝臓の処理能力が異変してしまうことで起こるもので、血液が体液を保てなくなったり、体液に関するホルモンが正常に働かなくなることで、腹水がたまってしまいます。
腹水は正常時にも多少はたまっているもので、製造量が多かったり、吸収量が少ないことでいつもよりたまってしまうといったことが起こります。
アルコールが原因以外のもので病気であれば、慢性肝炎や心不全、腎不全といったものも考えられます。
これらの病気が原因による場合は、男性女性に関わらず症状が現れるものとなっています。
そのため、お腹に張りを感じることがあれば、可能性の一つとして腹水であると考えることもできるといえます。

スポンサーリンク

 

女性ならではで考えると婦人科系の病気といったことも考えられます。
女性特有の器官である子宮や卵巣といった部分にも水分は多量に含まれているためです。
ですが、その多くは婦人科系の病気ではなく先ほどあげたようなことが原因となっています。
婦人科系の病気であれば、卵巣がんで腹水がたまることが分かっています。
がんの進行度によらずたまるため、進行性の早いがんの可能性もあるため、注意しておき早めに診てもらうことが大事となります。
また、女性は男性と比べると腹水がたまりやすいとも言われています。
それは、身体的な能力に差があることが理由とされており、より早く危険な状態になりやすくなっています。
そのため、アルコールの飲酒量等自身の生活習慣や環境についてしっかり見直しておき、気になる場合には早めに病院で診てもらうことが大事となってきます。
治療としては、利尿薬を使って少しずつ抜いていったりという方法があるため、続く場合等にはそちらも利用できます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

婦人科系疾患の場合も 腹水の症状とは
腹痛や下痢や吐き気の原因や症状や治し方あれこれです。
腹水の原因となる婦人科の病気とは
腹痛や下痢や吐き気の原因や症状や治し方あれこれです。
腹水がたまるのは婦人科系の病気を早期発見するサイン
腹痛や下痢や吐き気の原因や症状や治し方あれこれです。
腹水がたまる病気について
腹痛や下痢や吐き気の原因や症状や治し方あれこれです。
腹水がたまるとどうなるのかについて
腹痛や下痢や吐き気の原因や症状や治し方あれこれです。