腹水 自覚症状

腹水による自覚症状や治療法について

スポンサーリンク

 腹水は、その名の通りお腹に水が溜まることです。
胃や肝臓、卵巣などの腹部の臓器は腹膜という半透明の膜で覆われており、臓器と臓器の間の空間(腹腔)に、水が溜まります。
健康な人にも腹水は30〜50mlほど存在し、腸の動きを滑らかにする潤滑油の役割があります。
少量ですが体にとっては必要なものです。
腹膜から漏れ出して腹膜へ吸収されるサイクルで、常に一定量を保っていますが、病気によって増えすぎると体にあらゆる症状が出てきます。
原因となる病気には、肝硬変や右心不全、急性膵炎、腹膜炎、腹部のガンなどがあります。
肝硬変や右心不全によってたまる腹水は漏出液と呼ばれるものです。
主に門脈という血管の圧が上がることにより血液から水分が漏れ出したり、血液中のアルブミンが低下して膠質浸透圧が低下することで水分が漏れ出て起こるものになります。
膵炎やガンによる腹水は滲出液と呼び、炎症によって血液の透過性が増し腹水が滲出するものです。

スポンサーリンク

 

腹水の自覚症状には、腹部の水がお腹を圧迫することで、腹部膨満感、嘔気、嘔吐、食欲低下、息切れ、などがあります。
少量であれば自覚症状はあまり出ませんが、増えてくるとお腹は妊娠している人のように大きく膨らみ、動きづらさも出てきます。
お腹周りが太っただけだと勘違いする人も時々います。
肝硬変や卵巣がんなどわかりにくい病気であれば、自覚症状が出てから病気に気づくこともあります。
治療法としては、原疾患の治療はもちろん、利尿剤を投与し腹部の水分の排泄を促す方法や、アルブミン低下による場合は、アルブミンを点滴して体内に補充することもあります。
ガンによって腹水が溜まる場合は末期ガンであることが多く、腹膜に転移している状態です。
有効な治療法はありません。
抗がん剤など末期ガンの治療を行うことよりも苦痛を取り除く緩和医療がメインになり、腹部膨満や息切れなどの苦痛を取るために腹部を穿刺して腹腔内の水を除水する方法がとられます。
これを行っても再び水は溜まるので、根本治療にはなりませんが、患者の苦痛を取ることを優先する場合に行います。
もしお腹周りが膨らんできたり、嘔気などの自覚症状があれば、お腹に水が溜まるような病気が隠れていないか、一度診察を受けましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

腹水の検査項目と自覚症状
腹痛や下痢や吐き気の原因や症状や治し方あれこれです。