腹水とはどんなものなのか そのメカニズムとは

スポンサーリンク

腹水が溜まってしまうことがあります。
これは横隔膜より下にあり内臓が入っている場所であり、その周りを主に筋肉でできた壁によって囲まれている部分を腹腔と言います。
ここにはもともと水分が20〜50mlほどあると言われていますが、病気が原因となりこの腹腔に溜まる水分が多くなっていることを腹水と呼びます。
本来あるべき量よりも大量の水分が溜まって腹水となっていることで、下腹部の膨満感や見た目にも大きく膨らんできたり、体重が重くなったりします。
さらに腹水がある分だけは肺や胃が圧迫されるので、息苦しさや呼吸困難、食欲減退や血行不良など様々な症状が起こってきます。
治療はたまった水分を注射針で抜くという対症療法がありますが、これは一時的に症状は軽くなりますが根本的な治療ではないためまた水分が溜まってしまう可能性があります。
苦しさを取り除くために水分を排出しながらも根本的な治療を同時に行っていく必要があります。

スポンサーリンク

腹水が溜まるメカニズムは腹腔に水分が溜まるというものですが、肝硬変やネフローゼ症候群などが原因になる非炎症性のものと、肝臓や胃、大腸、膵臓、卵巣、子宮などの各臓器に出来たがんや細菌性腹膜炎が原因となる炎症性のものとではメカニズムに違いがあります。
非炎症性のものは血液内の水分が腹腔に流れ出して溜まっている状態で、特徴としては水分が透明に近く凝固しにくいという点です。
血管内の水分を維持する働きが弱まってしまったり、腎臓での水分排出が間に合わないことが原因となって水分が溜まってしまうものです。
炎症性のものは炎症が原因で血液内の成分があふれ出してしまっています。
たんぱく質が多く含まれているので色が混濁し、凝固しやすいのが特徴です。
どちらのタイプも血液からあふれ出しているという点では同じですが、原因が違うことでそのメカニズムが違ってきているのです。
また、腹水は血液からあふれ出ているということで多くの栄養分が含まれています。
そのため、腹水を抜くことは体力を低下させてしまう可能性があるので積極的に行わないこともあります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加