腹水穿刺 リスク

腹水穿刺で起こるリスクとは

スポンサーリンク

 腹水穿刺はお腹の中に溜まった水を針を刺して抜くという治療のことです。
通常、腹水が溜まった場合には利尿剤やアルブミンを投与して腹水を減らす治療を行っていくのですが、それでも溜まってしまうことがあります。
溜まった腹水はお腹が膨らんで膨満感を感じたり胃が圧迫されるので食欲不振や吐き気、肺が圧迫されて息苦しさや呼吸がしにくくなるという症状が現れてしまいます。
ちょっとした行動もままならなくなってしまうため腹水穿刺を行って腹部に溜まってしまった腹水を抜く治療が必要になってくるのです。
腹水穿刺でたまった腹水を抜くと胃や肺を圧迫していた水分がなくなるので一時的にですが楽になります。
しかし腹水が溜まってしまう原因の治療を行わなければ再び腹水が溜まってしまうので、同じような症状が引き起こされてしまうので継続して治療を行って行かなければいけません。
さらに腹水穿刺は行うことでリスクを伴うため注意が必要な治療だとも言えます。

スポンサーリンク

 

腹水穿刺を行うことで起こるリスクとは、腹部に針を刺すため血管や臓器を傷つけてしまう危険性があるということです。
麻酔を打つので針を刺す痛みを感じることはほぼありませんが、皮膚から筋肉や脂肪を通ってその奥にある腹腔にまで針を通すので身体へのダメージもあります。
さらに腹水はもともとは血液の一部です。
そのためたんぱく質を含む多くの栄養素が含まれているので、腹水穿刺で腹水を抜いてしまうと患者の体力が低下してしまい、寿命を縮めてしまう可能性があるという点もリスクであると言えます。
近頃では一度抜いた腹水をろ過して患者の体内に戻すという方法や、腹水を抜きながらアルブミンを投与して治療を行うことで患者の状態を安定させることが出来るようになってきました。
しかし、リスクがあることには変わりがありません。
腹水穿刺を行う前にはどんな治療法でどんなリスクがあるのかをしっかりと医師と確認しておくことが安心して治療を受けるために重要になってきます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

腹水穿刺の手技治療を行う時の注意点とは
腹痛や下痢や吐き気の原因や症状や治し方あれこれです。
腹水穿刺によって生じる副作用
腹痛や下痢や吐き気の原因や症状や治し方あれこれです。
腹水穿刺の合併症にはどのようなものがあるか
腹痛や下痢や吐き気の原因や症状や治し方あれこれです。
腹水穿刺とアルブミンの関係
腹痛や下痢や吐き気の原因や症状や治し方あれこれです。
アルブミンと腹水穿刺
腹痛や下痢や吐き気の原因や症状や治し方あれこれです。