腹水穿刺 合併症

腹水穿刺の合併症にはどのようなものがあるか

スポンサーリンク

肝硬変が慢性化すると門脈の中に血液が溜まって門脈の内圧が高くなったり、血液中のアルブミンが減少したりすることがあります。
すると、血管から漏れ出てきた水分が腹腔内に溜まってしまう腹水という現象が起こるようになります。
腹水が大量に溜まると腹部膨満感や吐き気、食欲不振などの症状が現れるようになります。
また、腹水によって肺が圧迫されるようになると呼吸困難を起こすこともあります。
肝硬変を治療すれば腹水は自然に治ることもありますが、場合によっては肝硬変を治療しても腹水が治らないこともあります。
そのような場合は腹水穿刺によって腹腔に溜まった腹水を抜き取る必要があります。
腹水穿刺とは腹部に刺した穿刺針にカテーテルをつなげ、そこから腹腔内の腹水を抜き取る治療法です。
基本的に腹水は自然に出てくるので腹部に力を入れたりする必要はありません。
腹水が出てくる量は多少の個人差がありますが、通常は何リットルもの量が出てくるので周りに複数の大きなバケツを用意しておく必要があります。

スポンサーリンク

 

腹水穿刺によって腹水を抜き取ることで上記のような症状を緩和することができますが、穿刺針を刺すことで皮下出血や皮下血腫などの合併症を起こすリスクがあります。
基本的に清潔にしていれば出血部位は自然に吸収されるので特に処置をする必要はありませんが、これらが大きな場合は処置が必要になる可能性もあります。
穿刺部位が大腸の周辺にあるため、腹水穿刺をする際に誤って穿刺針で大腸を刺してしまうことがあります。
そして、穿刺針を刺した穴から消化液が漏れると合併症として腹膜炎を発症する可能性があります。
お腹を触った時に痛みを感じたら腹膜炎を発症している可能性が高いので早めに医師に相談することが大切です。
腹水穿刺をすると急激に血圧が低下してショック症状を起こすことがあります。
ショック症状が起こると気分が悪くなったり、意識を消失したりすることがありますが、意識を消失するとそのまま死に至ることもあります。
そのため、ショック症状は腹水穿刺の合併症の中で最も注意が必要とされています。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

腹水穿刺の手技治療を行う時の注意点とは
腹痛や下痢や吐き気の原因や症状や治し方あれこれです。
腹水穿刺によって生じる副作用
腹痛や下痢や吐き気の原因や症状や治し方あれこれです。
腹水穿刺で起こるリスクとは
腹痛や下痢や吐き気の原因や症状や治し方あれこれです。
腹水穿刺とアルブミンの関係
腹痛や下痢や吐き気の原因や症状や治し方あれこれです。
アルブミンと腹水穿刺
腹痛や下痢や吐き気の原因や症状や治し方あれこれです。