胃がん 腹水 症状

胃がんの症状に腹水がありますよ

スポンサーリンク

気を付けていかないといけない病気の一つに「胃がん」があり、これは大人・高齢者の方に発症する事が多く日頃から注意していかないといけない病気となっています。
「胃がん」は中高年層の間で多いとされてきている病気でありますが、最近では20代や30代の若者にも発症するリスクがあると言われているため、専門家達が警鐘を鳴らしてきています。
ちなみに「胃がん」の初期症状については、胃また胸がもたれるような感覚・みぞおちの痛みや不快感・吐き気やゲップ・食欲不振・胃や胸周辺の不快感・黒色便・貧血・ふらつき・息切れ等があります。
更に症状が酷くなると腹水・嘔吐・消化不良・吐血・下血・味覚障害・口腔乾燥・骨折・黄疸・血痰等が出てくるため不眠が続いたり食べ物や飲み物を飲んだり食べたりする事ができなくなってしまいます。
そのため、初期症状が長期間続くようであれば病院に行って精密検査や治療を受ける事が大切となります。
「胃がん」は初期段階であれば治す事も可能であり、それに応じた治療方法等もあるためです。

スポンサーリンク

 

症状の中には腹水がありますが、これはどういった症状となっているのかというと、腹部の中に水が溜まってしまい臓器や肺を圧迫してしまい呼吸ができにくくなってしまいお腹が膨張してしまい私生活等に支障をきたす場合もあります。
腹水が溜まる原因に関してはタンパク質が大幅に減少してしまい、腹部に溜まった水を上手く吸収しきれなかったりしてしまうためこういった現象が起きたりします。
病院で精密検査を受けた際に「胃がん」である事が発覚して、腹水が溜まっていたりした場合は腹水を抜く治療を受けたりする事になります。
症状の重さや進行状況に応じて治療方法も異なったりします。
緊急性がある場合に関しては手術をする必要があるため、すぐに入院する事になります。
「胃がん」に対する治療方法は複数あるため、詳しい詳細についてはインターネットを利用して検索を行うと詳しい情報を公開しているWebサイトやブログが多数あるため、そこで情報収集を行う事ができます。
また、「胃がん」を発症しやすい人は50歳以上の男性・タバコを長年吸ってる・野菜をあまり食べず肉やタンパク質・塩分が多い食事をする人・ストレスを感じやすい・慢性胃炎を発症している人・ピロリ菌に感染している人等になっています。
この病気にならないためにも生活習慣や食生活に気を使いながら過ごしていく事が大切であります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

腹水が溜まる原因として子宮がんが挙げられます
腹痛や下痢や吐き気の原因や症状や治し方あれこれです。
癌性腹水とはどのような症状
腹痛や下痢や吐き気の原因や症状や治し方あれこれです。
腹水症状が見られる末期がんの余命とは
腹痛や下痢や吐き気の原因や症状や治し方あれこれです。
癌性腹膜炎の原因と腹水の関係
腹痛や下痢や吐き気の原因や症状や治し方あれこれです。