腹水がたまる 婦人科

腹水がたまるのは婦人科系の病気を早期発見するサイン

スポンサーリンク

 腹水とは何らかの疾患により、胃や腸などを包む腹腔に水がたまった状態のことを言います。
腹腔とは体内の横隔膜より下にある腹部の内腔を指します。
そこに腹水がたまることにより、おなかが張っているような感覚になります。
腹水がたまるのは大きな病気のサインかもしれません。
末期の癌や心臓疾患、肝硬変などで見られる症状です。
また婦人科系の病気が原因で腹水がたまる症状が現れることがあります。
婦人科系の病気の場合では、卵巣がんが腹水がたまる主な原因ですが、初期ぐらいの段階で症状が見られることがあります。
卵巣がんは自覚症状がないため、発見が難しい病気ですが、食べていないのにお腹が張る、太ったわけではないのにお腹が出ているといった場合は卵巣がんが原因である可能性があるので婦人科に行き医師の診察を受けましょう。
腹水がたまる症状は、卵巣がんを早期発見する一つのポイントです。
多くの人が腹水により卵巣がんを早期発見しています。

スポンサーリンク

 

腹水がたまることにより、胃腸や腎臓が圧迫されて食欲不振や腎機能の低下など体に様々な影響が現れます。
腹水の影響により息苦しく、食事もまともにできないのは患者にとってとても辛いことです。
腹水には様々な治療方法があります。
たまった腹水は腹部にカテーテルを刺して抜くことができます。
しかし腹水には体に大切な栄養が含まれているため、症状は楽になっても体力が低下するという人もいるので注意が必要です。
また漢方により腹水の症状を和らげることもできます。
漢方により排尿量、排便量が増えお腹の張りや下半身のむくみが軽減されることが期待できます。
また病気の進行抑制にも効果があります。
体力の低下している方でも安心して服用できますので、腹水により不快な症状がある方は漢方専門の薬局に相談すると良いでしょう。
食事に関してはカフェインや、脂ものなど体を冷やすものや血流を妨げるものは控えたほうが良いでしょう。
また排尿が安定している時にはしっかりと水分を取りましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

婦人科系疾患の場合も 腹水の症状とは
腹痛や下痢や吐き気の原因や症状や治し方あれこれです。
腹水の原因となる婦人科の病気とは
腹痛や下痢や吐き気の原因や症状や治し方あれこれです。
女性の腹水の原因とは
腹痛や下痢や吐き気の原因や症状や治し方あれこれです。
腹水がたまる病気について
腹痛や下痢や吐き気の原因や症状や治し方あれこれです。
腹水がたまるとどうなるのかについて
腹痛や下痢や吐き気の原因や症状や治し方あれこれです。